イオン導入器の効果

イオン導入器の効果

美顔器にもいくつか種類が合ってその内の一つにイオン導入器なるものが有ります。最近はエステナードソニックのようにイオン導入と超音波を一緒に出来る美顔器も有りますが、ここではイオン導入器の効果に絞って紹介していきます。

【イオン】という単語を使われるとなんとなくお肌に良さそうなイメージを思い浮かべますが、実際のところはどんな効果が有るのでしょうか?あと、美顔器によって使い方は色々と有りますが一般的な使用方法を紹介しておきます。
 

イオン導入とは?

イオンイオン導入とは弱い電流を使用してお肌の奥へ美肌のための有効成分を浸透させる美容方法の事を言います。




例えばビタミンC誘導体であったり、プラセンタなどはそのままお肌につけても中々浸透してくれませんが、イオン導入を使用することでしっかりとお肌の奥まで浸透してくれます。

このような方法で有効成分を染み渡らせる器械の事を【イオン導入器】と呼びます。以下、少し難しい話になりますが、イオン導入の仕組みをもう少し細かく見ていきます。

イオン導入の仕組み

お肌の一番表面上は角質層で、この角質層は【酸性】でありプラスイオンが多い状態。反対に角質層の内側に有る顆粒層は【アルカリ性】でマイナスイオンが多くなっています。

皮膚断面図

お肌の構造上つながっているのに角質層と顆粒層は属性が違います。【酸性とアルカリ性】【プラスイオンとマイナスイオン】は真逆の存在ですから、そのせいで角質層と顆粒層の間には薄い電気の膜が張られています。この膜のせいで普通のスキンケアで美容成分を肌に送り込んでも奥までは届いてくれないのです。

しかし、イオン導入器はここへ微弱な電波を流します。そのおかげで角質層と顆粒層が共に中性に傾き2つの層を遮断している電気の膜の力が弱まります。これによりお肌の奥へ美容成分を浸透させてくれるようになります。

マイナスイオンまた、プラセンタやビタミンC誘導体はマイナスイオンを持っているためイオン導入器からマイナスの電流を流してあげるとマイナス同士が反発しあい更に奥深くまで美容成分が入り込んでいってくれます。




イオン導入器の効果

イオン導入イオン導入器を使うと美容成分がお肌に吸収されやすいことは分かって頂けたかと思います。問題は手やコットンだけで浸透させる場合とどれくらい効果に差が有るのか?ですよね。




なんとその効果の差は数十倍にも上がると言われています。

現在はイオン導入器でも医療機関で使用するようなレベルのものが家庭用商品として販売されていますので、特に美容クリニックに行かなくてもそのレベルの処置を自宅で実感することが出来ます。
 

一般的なイオン導入器の使い方

イオン導入器の実際の使用方法に関してはそれぞれご自分で購入された美顔器の説明書を見て頂きたいのですが、一般的な使用方法にそこまでの違いは有りませんのでその辺りを説明していきます。

コットンイオン導入器と言えども手による素肌ケアを器械で代わりに行うものです。ですから通常はイオン導入用の化粧水などをコットンにつけて、それを美顔器につけてお肌にあてていく。簡単ですね。





エステナードソニックroseのようにコットンを使わずにジェルを使用するタイプなども有ります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ